ペニス増大の費用は?お金をかけずにデカくする方法も紹介

ペニス増大の費用は?お金をかけずにデカくする方法も紹介 ペニス増大まとめ

「ペニスを大きくしたいけどできるだけお金はかけたくない!」

そんな悩みを持っている男性は少なくありません。

同時に、専門のクリニックで行われている増大手術の費用を見て、高すぎることでペニスを増大させることを諦めてしまった人も多いと思います。

そんな人に知ってもらいたいのが、「ペニスの増大は手術よりも大幅に安いコストで実現できる!」ということです。

この記事では、できるだけお金をかけずにペニスを大きくする方法をいくつかご紹介します。

まずは、ペニス増大のメリットを具体的にイメージする

ペニスを増大させたい人の多くは自分のペニスが小さいことでコンプレックスを持っている人だと思います。

確かにペニスは古代から「男らしさの象徴」として、また男性の威厳や自信を示すものとし今でも認知されている部位です。

そのペニスを大きくすることには、実際にいくつかのメリットがあります。

・男としての自信がつき、温泉やプールの更衣室などで裸になる場面でも恥ずかしがる必要がない
・女性に対しての引け目がなくなり積極的にアプローチできるようになる
・すでに彼女やパートナーがいる人はセックスにおいて女性をより満足させられる

「そんなことわかってるよ!」と感じた人もいるかもしれませんが、自身に置き換えて具体的にイメージできている人はそれほど多くはありません。

後で紹介するペニス増大方法を実践する際
これらのメリットを具体的にイメージしながら実践するのと、まったくイメージせずに実践するのとでは
結果にコミットできる確率に大きく差が出ます。

受験にたとえて言えば、目標の学校に入った後の楽しみをイメージしながら勉強することと、学校のことをまったく知らないまま勉強することの違いのようなものです。
受験を経験した人であれば、どれだけ勉強を頑張れるモチベーションに差が出るかがお分かりいただけるかと思います。

さて、極力お金をかけずにできるペニス増大方法を紹介する前に、冒頭で少し触れたペニス増大手術の概要について見ていきます。

増大手術とは?費用やメリット・デメリット

ペニス増大手術とは、一般的には2つの種類に分けられます。

「亀頭増大」「陰茎増大」です。

亀頭はペニスの先端部分、陰茎はペニスのシャフト(棒)の部分を指します。
通常、両方ともヒアルロン酸という薬剤を注入することで、ペニスを増大させる手術となります。

増大手術のメリット

手術最大のメリットは即効性です。
施術は30分以内で終わることがほとんどで、手術した当日から前より大きなペニスを手に入れられるため、どんな増大方法と比べてももっとも早い手段です。
またほぼ確実に増大させられるという点も、手術ならではのメリットです。

増大手術のデメリット

最大のデメリットは高額な費用でしょう。
増大を目的とした手術の場合、どのクリニックでも最低10万円前後の費用が必要です。
また効果が長期間、または半永久的に持続するプランであれば、20〜30万円かかるケースがほとんどです。
質の悪いクリニックで手術を受けてしまうと、失敗による副作用などのリスクがあることもデメリットの1つでしょう。

ペニス増大手術を受けことを検討している人は、メリットだけでなくデメリットもしっかりと見ることが重要です。

即効性や確実性というメリットに惹かれた人は多いと思いますが、
やはり「数十万の費用をかけずに大きなペニスを入れられる可能性があるならまずはそちらを選びたい!」と思う人がほとんどでしょう。

お金をかけないペニス増大方法とは一体どのようなものなのか、詳しく解説します。

お金をかけずにペニスを大きくする5つの方法

1.チントレ

チントレとは主に自身の手を使ってペニスを刺激し、増大を目指すトレーニングです。
ジェルキングOK法ミルキングPC筋・BC筋トレーニングなど方法がさまざまありますが、共通して期待できる効果は、勃起時にペニスに流れ込む血液の量を増やせることです。
たとえば、ミルキングとは牛の乳搾りのようにペニスを揉むように刺激するトレーニングですが、その運動によってペニスの海綿体という細胞を活性化させ、血流を改善する効果が期待できます。
かかる費用は、摩擦軽減のために使う1000円前後のローションやオイル程度なので5つのうちでもっとも手軽に取り組める増大方法と言えます。

ペニス増大を目指せるチントレ方法を紹介!

2018.04.10
チントレについての詳細記事はこちら

2.マッサージ

ペニス増大に効果的なマッサージとして広く知られているのが、睾丸マッサージです。
自身やパートナーの手を使って睾丸を揉んだり引っ張ったりすることで、精力増強や血流改善の効果が期待できます。睾丸は精巣とも呼ばれる、精液・精子をつくる部分です。ペニス増大とともに、精液量の増加の効果も期待できます。
チントレと同様、ローション以外の費用はかかりません。

今すぐ出来る!簡単なペニス増大のためのマッサージ方法!

2018.04.10
ペニスマッサージについての詳細記事はこちら

3.食べ物

「食べ物でペニス増大!?」と思われるかもしれません。
食べ物の中にはペニスを大きくするために効果的な栄養素が含まれているものがいくつかあります。
たとえば、以下のような食べ物です。

・豚肉→血行促進や精力亢進の効果があると言われるアルギニンが豊富
・スイカ・きゅうり→疲労回復や動脈硬化の予防の効果が期待できるシトルリンが豊富
・牡蠣→性欲減退の予防、精力アップに効果的な亜鉛が豊富

こうした食べ物を毎日の食事でバランスよく摂ることで、ペニス増大効果が期待できます。
費用は食費として計算することになるので、決して無駄にはならないはずです。

食事とペニス増大の関係は!?栄養価の高い食べ物を教えます!

2018.04.10
ペニス増大に栄養のある食べ物の詳細記事はこちら

4.ペニス増大サプリ

食べ物で紹介したアルギニンやシトルリンといったペニス増大に効果的な成分を始め、さまざまな有効成分が含まれているのがペニス増大サプリです。
たとえば、トンカットアリマカビール酵母ガラナ、といった成分が代表的なものです。

サプリの種類によって価格帯は幅広いですが、1ヶ月分1万円前後で販売されているものが多いようです。
数ヶ月続ける必要があるため、数万円の出費は必要となります。
ただ、副作用のリスクがほぼない体の内側から健康的にペニス増大を目指せる食べ物よりも効率的かつ総合的に栄養素を摂取できる、といった特徴は増大サプリでしか得られないメリットです。

5.ペニス増大器具

ペニスを大きくするための専用の器具を使って増大を目指す方法です。
真空にして圧力をかけたり装着して引っ張ったりするものが主流で、手動型と電動型のタイプがあります。
ペニスに手で触れずに刺激を与えられることや、使用方法がわかりやすいことなどがメリットです。
ただ商品によってかかる費用が異なります。
安いものでは数千円で購入できますが、クオリティが良く高い商品では3〜5万円するものもあります。何れにしても、手術に比べると安く抑えられるでしょう。

結局、どの方法がベストなのか?

5つのうちどの方法がベストなのかは、ここでは明確に結論付けることはできません。

人によって、考え方や好みが異なるからです。

たとえば、「できるだけ自然な方法でペニスを大きくしたい!」という人なら、サプリや器具を使うよりも「食べ物」で増大を目指すべきでしょう。

反対に、「手術以外ならどんなことでも試したい!」という人なら、5つの方法すべてを試して、自分に合うものを見つけるのもオススメです。

ただ理想は、5つの方法をうまく並行して実践することです。

どれか1つだけ続けるよりもよりも、複数を並行することであらゆる角度からから継続的にペニスに刺激を与えられることになるので、相乗的な効果が期待できます。

どの方法を選んだとしても「諦めずに継続すること」が何より重要だということは忘れないようにしましょう。

ペニス増大サプリ選びに悩んだらどうすればいい?

ブラビオンって危険なサプリ?効果や評判を徹底検証!では、ペニス増大が強く期待できるサプリメント・ブラビオンについての効果や口コミなどの情報を網羅しています。

ブラビオンのことをもっと詳しく知りたい方は、ぜひ一度チェックしてみてください!